辞典を買ってみる

しばらく前から、電子辞書が欲しいと思っていた。

僕の場合、本を読んでいて、難しい漢字が出てきても、読み飛ばしてそのままにすることが多い。後で、辞書を引こうと思っても実際には、やっていなかった。
けれど、画数を数えたり、辞書を引くのに1分かかっていたのが、10秒で引けるようになったなら、「ちょっと調べてみようか」という気にもなる。
漢字そのまま DS楽引辞典!」は、そういう辞書じゃないかと思って、購入することに。

そんな訳で先月の中頃には、ニンテンドーDS Liteを買おうと決めていた。でも、開店時間に行っても、購入のための行列を見て諦めること二度。
その後、4月末には在庫が十分になったのか、入手できた。その時には、当然、「辞典」も一緒に。

しばらく使ってみたところ、これは、なかなか良い!
なかなか僕の書いた字を認識してもらえなくて、「あれっ!?」と思うこともある。けれど、僕も慣れたせいか、だんだんと正しい識別をしてもらえるようになってきた。
今のところ、一回の充電で1週間以上使えたし、バッグに入れておいても邪魔にならない。

ただ、気に入っているものの、ちょっと、残念に思う点もある。
画数が多く、込み入った字などは、部首ごとに個別に確実に入力できる方法が欲しい。(そうでもしないと、何度入力しても識字してもらえない場合には、結局調べられない)
そういう点は、来年あたりに改善して出してくれないものかと、ちょっと期待したい。

参考
任天堂
Touch-DS.jp

amazon
ニンテンドーDS Lite エナメルネイビー
漢字そのまま DS楽引辞典

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「都内」と「都下」

この前、テレビで話題に上ってはじめて知った。
「都内」、「都下」という、呼び分けがあるとのこと。
以前も耳にしていたかもしれないけれど、あまり意識していなかった。

辞典で調べてみると、こうだった。
goo 辞書

  • 都内:(2)東京都の行政区域内。特に、二三区内。
  • 都下:(3)東京都内で、二三区を除く市町村。
  • でも、都内も都下も、東京と全域を指す言い方もあるようで、ちょっと紛らわしい。

    東京都(Wikipedia)

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    ご飯は注ぐもの?

    何年も前、安いスキーツアーに友達と行ったときに、その言葉遣いに引っかかったことがあった。食事時のその言葉、「ご飯をつぐ」という言い方。
    僕は、「ご飯は液体じゃないから、『注ぐ』じゃないだろ」と思いながら、そのときはそのままで終わった。
    最近も、飲み会のときに、その言い方を聞いて、また気になってきた。

    ちょっとGoogleで探してみる(ご飯をつぐ)。九州では「ご飯をつぐ」という言い方を良く使うらしい。

  • ご飯を茶碗に「○○○」」(NHK放送文化研究所
  • また、goo 辞書でも調べてみる。すると、「注ぐ」のところに

    「お茶を―・ぐ」「飯を―・ぐ」
    と書いてある。

    単に自分が知らないだけで、ふつうに使われている言葉みたい。

    ご飯をよそう(ごはんをよそう)?ご飯をよそる(ごはんをよそる)?」(てすとぺーじ testpage.jp)によると、「よそう」、「盛る」が多く使われている様子。

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    havenとheaven

    僕の勘違いはなかなか直らない。話の中で、「あれっ?」と感じることがあったとき、それは勘違いかもしれない。
    そう思ったときに、そのまま流してしまうと、思い違いの始まりなのかもしれない。

    この前は、たまたま、教えてもらって気がついた。
    goo 辞書で確認すると、

  • haven → 避難所
  • heaven → 天国

  • とのこと。

    タックスヘイブンといった場合は避難所のほうだけれど、税金天国と勘違いしてしまいがちな文章もいくつか見かけた。というか、勘違いしたままでも、意味が通るように読めてしまうから、間違いに気づくのが遅れたんだと思う。
    訳語も、租税回避地とはなっているけれど、意訳して税金天国と言っても、何だか良さそうな気もするし。

    そういえば、以前も似たような話があった。「mapとatlas」につなげておく。

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    ”ゲーム”の意味

    全くのメモ、という気もするが…。

    ゲームという言葉を聞いたときに、最初に自分で思い浮かべるのは、テレビゲーム、カードゲーム、サッカーなどの試合、といったあたり。でも、何かの本で、頭を酷使する行動を指している、と思われるものがあった。とても、テレビゲームのような遊びを指すような文脈じゃない。なぜか、そこに引っかかった、という記憶だけ、ぼんやりと残っていた。

    まぁ、すっきりさせたほうがいいので、意味を調べてみる。
    アルクの英辞郎で引いてみると、

  • 【名-1】 ゲーム、試合{しあい}、遊び、競争{きょうそう}
  • 【名-3】 策略{さくりゃく}
  • 【名-5】 猟の獲物{えもの}、(獲物{えもの}の)肉
  • 【名-6】 目標{もくひょう}、的、標的{ひょうてき}、狙い、意図{いと}、もくろみ

  • などがある。狩猟やそのためにいろいろ考えることが、元々の意味なんだろうか?
    語源はどうなんだろう?
    アルク語源辞典には、載ってなかった。

    ”獲物”の意味では、

    ジビエ 1 [(フランス) gibier]
    狩猟の対象となり、食用とする野生の鳥獣。またはその肉。ウズラ・ノウサギなど。

    三省堂提供「大辞林 第二版」(goo 辞書
    なんてのもある。
    "g?b?"と"g?m?"、音が似ている(ように感じる)。

    amazon.co.jp
    "語源 辞典"で探す

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    mapとatlas

    最近になって始めて知ったのだけれど、mapatlasというのは、違うものらしい。
    地図というと、私が思いつくのはmapだったし、atlasって言うのは聞いたことはあったけれど、格好をつけた言い方だと思っていた。「map使えばいいじゃん!」って思っていた。

    実際には、紙一枚の地図なのか、冊子状の地図書なのか、という違いらしい。
    ちょっとしたモヤモヤが、すっきりした。

    参考
    英和辞典 - goo 辞書
    忍耐と才能」(語源探究雑学エッセイ集「コトバ雑記」
    英語の雑学:「atlas」地図帳」(ようこそ吉原令子のホームページへ

    | | Comments (0) | TrackBack (1)

    ホウレンソウで発電?

    次世代コンコルド」(tsuruaki:ITニュース)などで取り上げられている、「Roland Piquepaille's Technology Trends」を時々見ている。ここに、「A Spinach-Powered Laptop?」というのがあった。
    「spinachって、何だっけ?」と思いながら読んでいると、「ホウレンソウのタンパク質を使って、光合成し、発電する。」ということみたい。
    ここにあるように、太陽電池が自律的に自身を修復できるようになると、面白い。

    For example, many solar cell materials degrade over time, but a protein-based solar cell could be self-repairing, says Baldo. Just as living plants replenish their photosynthetic proteins by swapping out the old copies for new ones, it might become possible to flush a solution of fresh proteins through a solar cell to replace the photosynthetic molecules as they degrade, Baldo explains.

    Protein Power: Solar cell produces electricity from spinach and bacterial proteins: Science News Online, June 5, 2004

    きっと日本でも同じ様なことをやっているのだろうと思うけれど、見つけることができなかった。「慶應義塾大学 物理情報工学科 光物性研究室」の「電着化合物半導体薄膜を用いた光電気化学太陽電池」あたりが関係しそうにはおもうが、私の知識が足らず、はっきりしない。

    参考
    技術燦々:(5)次世代太陽電池」(日本経済新聞社

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    メモ:半導体

    半導体製造や、設計に関して、最近見つけたものや、読んでいるものをメモする。

    神様の半導体講座
    半導体のページ

    CMOS設計ブログ
    CMOS回路設計とSPICEによる回路シミュレ-ション

    IT用語辞典 e-Words:半導体
    RSSの丘:半導体

    半導体の製造工程東芝科学館

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    故障解析など

    雑誌、資料などを読んでいるときに、見慣れない用語が出てきて、気になることなどもある。
    アレニウス・モデル、アイリング・モデル、バスタブカーブ、ワイブル分布、等。

    ちょっと、検索した結果をメモしておく。半導体メーカなどのページに説明がある。

    FAQ: 品質/信頼性用語集NEC エレクトロニクス
    クオリティ 信頼性プログラムナショナル セミコンダクター
    環境試験セミナー・加速試験と信頼性へのガイダンスエスペック
    信頼性情報 信頼性ハンドブックRenesas Technology
    共通情報 信頼性データ東芝セミコンダクター

    | | Comments (0) | TrackBack (0)